千葉県合気道連盟は千葉県における合気道の普及・発展及び郷土の興隆に寄与するとともに、合気道団体相互の親睦と交流を図ることを目的としています。

規約

千葉県合気道連盟規約

第1章 総則
(名称)
第1条 この連盟は、「千葉県合気道連盟」(以下「本連盟」という。)と称する。

(所在)
第2条 本連盟の事務局は会長指定の場所に置く。

(目的)
第3条 本連盟は、公益財団法人合気会の傘下連盟団体として合気道を通して心身 の鍛錬と人格の陶冶を図り、千葉県における合気道の普及、発展及び郷土の興隆に 寄与するとともに、合気道団体相互の親睦と交流を図ることを目的とする。

(事業)
第4条 本連盟は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 本連盟への加盟促進
(2) 演武会及び講習会等の開催
(3) 加盟団体が行う事業に対する連携、協力及び後援
(4) 公益財団法人合気会並びにその関係機関が実施する事業に協力、参加及び支援
(5) 合気道の普及及び指導者の養成
(6) 教育機関が実施する武道(合気道)教育に連携、協力及び支援
(7) 合気道に関する調査、研究及び出版
(8) その他前条の目的を達成するため必要な事業

第2章 組織
(構成)
第5条
1. 本連盟は、千葉県に活動拠点を置き、公益財団法人合気会に登録され、かつ本連 盟の設立趣旨に賛同する「合気道団体、道場及び県下市町村合気道連盟」(以下 「加盟団体」(準加盟団体を含む)という。)をもって構成する。 なお、公益財団法人合気会への未登録団体については準加盟団体とする。
2. 本連盟は、全日本合気道連盟に加盟する。

(加盟及び脱退)
第6条 本連盟に加盟するときは現加盟団体の推薦があり、総会出席者の過半数の 賛同を得るものとする。脱退するときは理事会の承認を得るものとする。

第3章 役員
(役員)
第7条 本連盟に次の役員を置く。
(1) 会長 1名
(2) 副会長 2名
(3) 理事長 1名
(4) 副理事長 2名
(5) 事務局長 1名
(6) 理事 14名 ((3)、(4)、(5)を含む)
(7) 監事 2名
(8) 評議員第8条 第5号に掲げるものとする。

(役員の選出)
第8条 本連盟の役員の選出は次のとおりとする。
(1) 会長及び副会長は、総会で選出する。
(2) 理事長は、理事の互選とする。
(3) 副理事長並びに事務局長は、理事長が理事の中から推薦し理事会の承認を 得るものとする。
(4) 理事は、総会で評議員から選出する。
(5) 評議員は、加盟団体ごとに2名とし、理事会へ届け出たものとする。
(6) 監事は総会で選出する。

(役員の任務)
第9条 本連盟の役員の任務は次のとおりとする。
(1) 会長は、本連盟を代表し、会務を統括する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
(3) 理事長は、理事会を代表し、会務を執行する。
(4) 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。 また、事業、事務局に 係る会務を夫々統括する。
(5) 事務局長は、事務局員を指名して事務局を設置し、連絡調整、庶務及び会計 に係る事務を統括する。
(6) 理事は、理事会を構成し、会務を掌理する。
(7) 監事は、会計を監査するとともに、理事会に出席し必要あるときは意見を述べ なければならない。但し、議決に加わることはできない。
(8) 評議員は、総会に出席して議案を審議し、決定に参加する。

(役員の任期)
第10条 本連盟の役員の任期は、3年とし再任を妨げない。ただし、補充役員の任 期は前任者の残存期間 とする。
2.役員は、任期満了にあっても後任者が就任するまでは、なおその職務を行うも のとする。
3.役員は、所属する加盟団体を退会した場合、あるいは所属する加盟団体が解散、又 は本連盟を脱退した場合は その身分を喪失する。

第4章 名誉役員
(名誉役員)
第11条 本連盟は、清野裕三先生を永世名誉会長に推戴するとともに、次の名誉役員を置くことができる。
(1) 名誉会長 1名
(2) 相談役 若干名
(3) 顧問 若干名
2. 名誉役員は、千葉県合気道連盟の発展に多大な貢献をした者、または寄与が期 待される知識経験者の中から常任幹事会で選出し、理事会が承認した者とする。

(名誉役員の委嘱)
第12条 会長は、理事会が承認した名誉役員を委嘱する。

(名誉役員の任務)
第13条 名誉役員は、必要に応じて総会及び理事会に参画することができる。また その諮問に応ずるものとする。

(名誉役員の任期)
第14条 名誉役員の委嘱期間は会長の任期に従うものとする。

第5章 運営機関
(機関)
第15条 本連盟を運営するため、次の機関を置く。
(1) 総会
(2) 理事会
(3) 常任幹事会

(総会)
第16条 総会は、第7条第1号から第8号までの役員をもって構成し、毎年定期に開催し、次の事項を 決議する。ただし、必要に応じ臨時会を開催することができる。
(1) 事業計画及び事業報告
(2) 予算及び決算
(3) 規約の改正
(4) 会長、副会長、理事及び監事の選出
(5) その他必要な事項
2. 総会は、委任状を含め構成員の2分の1以上の出席で成立し、議事は出席者の過 半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
3. 総会の議長は、会長または会長が指名した者が行う。

(理事会)
第17条 理事会は、第7条第1号から第7号までの役員をもって構成し、理事長が 必要に応じ召集し、次の事項を掌る。
(1) 総会に提出する議案の作成及び総会の委任を受けた事項の執行
(2) 前条に掲げる総会決議事項以外の緊急案件の審議及び執行
(3) その他必要事項
2. 理事会は、委任状を含め構成員の3分の2以上の出席で成立し、議事は出席者の 過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
3. 理事会の議長は、理事長または理事長が指名する者が行う。

(常任幹事会)
第18条 常任理事会は、第7条第1号から第5号までの役員をもって構成し、理事長が必要に応じて召集し、次の事項を掌る。
(1) 理事会に提出する議案の作成
(2) 上位団体の表彰に係わる被表彰候補者の選考
(3) 被推薦昇段候補者の選考
(4) 全日本合気道連盟代議員の選考
(5) 緊急案件の審議及び執行
(6) その他必要事項
2. 常任理事会は、構成員の2分の1以上の出席で成立し、議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長 の決するところによる。
3. 常任理事会の議長は、理事長または理事長が指名した者が行う。

(議事録)
第19条 総会並びに理事会等全ての会議には、議事録を作成し、議長が出席者の中 から指名した2名の者が署名捺印し、5年間これを保存するものとする。

第6章 会計
(経費)
第20条 本連盟の経費は、連盟加盟金、会費、補助金、寄付金及びその他の収入を もってこれに充てる。 なお、連盟加盟金及び会費については別に定める。
2. 本連盟への連盟加盟金は連盟加盟時に納入する。なお、準加盟の場合について も同額とする。但し、準加盟団体が加盟団体となったときはこれを徴収しない。

(会計年度)
第21条 本連盟の会計年度は、4月1日から3月31日までとする。

(会計監査)
第22条 会計の監査は、毎会計年度の決算時において監事が行う。

(会費)
第23条 本連盟の加盟団体は、会費を指定期日までに納入しなければならない。
2. 前項の会費のほか、理事会の決定により臨時に会費等を徴収することができる。
3. 本連盟を脱退しようとする団体は、会費その他の負担金を清算しなければならな い。

第7章 段位
(段位)
第24 条 本連盟の加盟団体に所属する者の段位については、合気道道主により允可 され、公益財団法人合気会に登録された段位によるものとする。

2 第18条(3)の選考は、別に定める段位推薦者審議会(以下、「審議会」という。)の議を経るものとする。

第8章 補則
(錬成)
第25 条 本連盟の合気道の錬成は、公益財団法人合気会及び全日本合気道連盟に連 絡するものとする。

(処分)
第26条 本連盟の加盟団体がこの規約に違反した場合、連盟の名誉を著しく汚した 場合、連盟の統制を乱した場合、正当な理由なくして会費等を滞納した場合及び本 連盟の利益を著しく損ねた場合は理事会の議決により処分する。 2 前項における処分は警告、叱責、除名その他の処分とする。

(委任)
第27条 本規約施行上必要な細則は、理事会において別に定める。

附 則
(施行期日)
1. この規約は、平成23年4月1日から施行する。 (千葉県合気道連盟規約の廃止)
2. 千葉県合気道連盟規約(平成5年)は廃止する。
3. この規約は、平成24年4月22日から施行し、平成24年4月1日から適用する。
4. この規約は、平成25年4月14日から施行し、平成25年4月1日から適用する。
5. この規約は、平成27年4月19日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

6. この規約は、平成28年4月17日から施行する。

千葉県合気道連盟規約取扱要領

(趣旨)
第1条 この要領は千葉県合気道連盟(以下「本連盟」という。)規約に基づき、 本連盟の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(会費等)
第2条 本連盟の会費等は、次の各号に掲げるとおりとする
(1) 連盟加盟金  12,000円
(2) 会費は、基本額と均等割額との合計額とする。
① 基本額  団体ごとに年10,000円
② 均等割額 4月1日現在の会員数に下表区分の一人当たりの額を乗じた額の合計額とする。

(会員数については、スポーツ保険加入者数とする)

区   分 一人当たりの額
一   般 300円
子   ど   も 100円

(3) 事業負担金 本連盟の事業執行上必要あるときは理事会の決議により、これを徴収する。
(4) 参加負担金 本連盟が開催する事業に、未加盟団体が参加する場合の負担金は、加盟団体の負担金の2倍とする。但し、県内学生団体が参加する場合は、当分の 間これを徴収しない。

(納入)
第3条 前条に規定する会費等は、本連盟が指定する日までに納入しなければなら ない。
2. 当該年度までに納入された会費等は返金しない。

(謝礼)
第4条 本連盟が開催する研修会等における講師謝礼については、次のとおりとする。
(1) 本連盟加盟団体に所属する者  10,000円/日
(2) 本連盟加盟団体以外の者   社会通念上妥当な額

(慶弔)
第5条 本連盟に係る慶弔の扱いについては、次のとおりとする。
(1) 本連盟加盟団体が開催する10年単位の周年事業    祝電・祝儀10,000円
(2) 本連盟の役員及び加盟団体の長の葬儀         弔電・香典10,000円
(3) その他必要に応じて実施する。

(旅費の支給)
第6条 本連盟の役員等が本連盟の用務のため出張した場合は旅費を支給する。
(1) 交通費 実費
(2) 宿泊費 1泊につき 9,000円

(義務)
第7条 本連盟の加盟団体は、本連盟規約及び本連盟の決定を遵守するとともに本 連盟の開催する事業に積極的に参加し、協力しなければならない。
2. 本連盟の加盟団体は、活動中における事故防止に努めなければならない。万一、事故が発生した場合は当該団体の責任において直ちに救急活動を行うとともに、速 やかに本連盟並びに(公財)合気会にその顛末を報告しなければならない。
3. 本連盟の加盟団体は、所属会員について少なくともスポーツ安全保険(公財)スポーツ安全協会千葉県支部)に加入させなくてはならない。
4. 本連盟の加盟団体は、他の団体に所属していた者が入会し又は審査を受けようとする場合は従前所属していた団体の長から承諾を得なければならない。
5. 本連盟の加盟団体は、道場の内外を問わず、パワハラ、セクハラ、体罰等、いか なる暴力行為も禁止するとともに、言動にはそのような疑念を抱かれないよう互い に努めなければならない。

(段位推薦者審議会)

第8条 規約第24条第2項に定める審議会は、委員3名により運営される。

2 委員は、本連盟の加盟団体に所属し、(公財)合気会が任命した段位推薦者審議委員の中から会長が委嘱する。

3 委員の任期は1年とする。但し、再任を妨げない。 

(委任)
第9条 この要領に定めのない事項については、常任幹事会において決定する。

附則
1. この要領は、平成25年4月1日から施行する。ただし、第2条第2号の規定 は平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)
2. この要領第2条第2号の規定の施行前における本連盟加盟団体の会費は、従前 のとおり年15,000円とする。
3. この要領は、平成26年4月1日から施行する。

4. この要領は、平成28年4月17日から施行する。

5. この要領は、平成29年4月23日から施行する。

PAGETOP
Copyright © 千葉県合気道連盟 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.